筆えんぴつ、上手に望むだ。

現在、雇用しました。

新天地では仕事柄、筆ペンで単語を書くことが時々あります。

これが身には苦痛でたまりません。

と言うのも、意外と身、ワードが汚いんです。

小学校の辺りから、「紳士みたいなワード」と言われてきました。

断然練習しなくても上手な方はグングン器用だ。

聞けば、父母がきれいなワードを書くとのやり方。

ワードも遺伝するんですね。

これまでは何でもPCで行える時ですし、ワードが汚くても関係ないや、と気楽に考えていたんですが、仕事を変えてからそれほどもいかなくなりました。

余程通信教育の筆ペン授業も加盟しようかと考えたのですが、元来それはガイダンスに沿って練習して、誰かに添削してもらうだけです。

それなら自分で市販のガイダンスを購入してトレーニングするのと、同じではないでしょうか。

につき、書店でガイダンスを購入しました。最近頑張って練習している。

Comments are closed.